イメージ写真 イメージ写真

事業所ブログ*
ココロのトビラ

福岡県障がい福祉サービス 福心会

就労アセスメントについて

こんにちは、相談支援センターほっぷです。
今回は、就労アセスメントについて簡単に説明したいと思います。
就労アセスメントは、各支援機関による継続的な就労支援に必要な情報のうち、就労面に関する情報を把握するために実施します。障がい者に対して適切な就労支援を行うためには、
支援対象者の就労面や生活面に関する多面的な情報を把握しておくことが必要です。

※学生さんは長期休みの時期にアセスメントを行う場合が多いです。
お気軽にご相談ください。

写真1

写真2


研修会

こんにちは、相談支援センターほっぷです。
八女市基幹相談支援センター主催で八女市内の相談事業所、行政が集まり研修会、協議等が開催されています。
今年度は児童に焦点を当て、幼児期から学齢期までの(発達障害児の遊び、行動、難しさや学童期の気になる行動、苦手なこと)事例を含めた講話がありました。今後も相談支援専門員として、よりスキルアップできるように取り組んでいきます。
発達障害の特性をイラストにまとめましたのでご覧ください。

写真1


計画相談支援ってどんなことをしてくれるの?

こんにちは、相談支援センターほっぷです。
今回は、ほっぷで行っている「計画相談」について紹介します。
まず初めに、福祉サービスの利用を希望する方の
今の状況や希望、生活上の課題などをお聞きします。
その後、利用申請時に必要なサービス等利用計画を作成したり、サービスの利用にまつわる相談に対応したり、支給決定後のサービス利用状況について見直し(モニタリング)を行い、
関係機関との連絡調整をしています。
疑問に感じることなど何かありましたらお気軽にご連絡ください。

写真1


相談したい、困っているけどどうしたらいい?

こんにちは、相談支援センターほっぷです。
新年度になるにともない、環境の変化によって、困りごとや悩みも増えてくると思います。
「こんなことに困っている、どうしたらいいのか分からない」
そんな時は、市町村の福祉の窓口だけではなく、
相談支援事業所の窓口にも無料でご相談いただけます。
ほっぷでは、障害のある方々やそのご家族の疑問や悩みに寄り添い、
サポート・支援を行っていけたらと考えています。
いつでもお気軽にご相談ください。


就労支援ガイドブック

こんにちは。相談支援センターほっぷです。
八女地区自立支援協議会 就労支援文科会の活動の一環として
就労のサービスについて「利用者向けガイドブック」が作成されました。
障がいをお持ちの方やご家族・関係者の方々が福祉サービスを知るきっかけになり、
また、どこに相談したらいいか? どんな福祉サービスがあるのか? など
解決に役立つと思われます。
ほっぷとしては相談を受けた場合に
スムーズにサービスの利用ができるようにしていきたいと思います。
気軽に相談してください。

 

写真1

 

写真2

 

写真3


相談支援専門員のしごとについて

こんにちは!!相談支援センターほっぷです。
今回は相談支援専門員の業務について伝えたいと思います。
まずは、相談者様の生い立ちから、困りごと、今後の希望する生活などを
聴き取りしていきます。
聴き取りの内容を基にサービス等利用計画(案)を作り、計画案の説明をし、
サインをもらいます。
その計画案を福祉課へ提出し、受給者証が発行されるようになります。
その後、本人やご家族、利用する事業所と集まり、
話し合いを行い利用開始になっていきます。
利用されたあとに定期的なモニタリング(振り返り)を行っていきます。
何か困りごとや相談したいことがあれば気軽にご連絡下さい。


《ほっぷ通信》

こんにちは。相談支援センターほっぷです。
新型コロナウイルス感染は八女市及び近隣地域においても感染者が確認されています。
八女市の相談支援事業所として、新型コロナウイルス感染対策をテーマに研修会を開催されています。
障害を持った方やご家族が感染した場合に相談員へ相談があると思われます。
今後、相談があった際にスムーズに支援の流れを把握することで、利用者やご家族の方が安心できるようにしていきたいです。
写真1


障がい者虐待を防ぎましょう!!

こんにちは、相談支援センターほっぷです。
新型コロナウィルス感染症の発生に伴う外出の自粛や社会環境の変化などは様々な生活不安やストレスの原因になります。
「障害者虐待防止法」をご存じですか?
この法律には障がい者に対する虐待の禁止や防止、早期発見、通報義務などがうたわれています。
虐待を受けている、受けている可能性がある障がいの方を発見されましたら市町村窓口にお知らせください。通報者の守秘義務は守られます。
住民一人ひとりがこの問題に対する意識を深めることが、障がい者虐待を防ぐための第一歩になっていきます。ほっぷでは各種ご相談受け付けています。

 


《ほっぷ通信》

こんにちは、相談支援センターほっぷです。
新型コロナウイルスにより4月7日、福岡県に対して「緊急事態宣言」が発表されました。
新型コロナウイルスの影響により相談事業所においてもこれまでのように皆様と会議を行うことが難しくなっている状況です。現状ではサービス利用状況を電話もしくは文章等で確認させて頂いており大変ご迷惑おかけしております。
早く新型コロナウイルスが収束するのを願いたいですね。

 


相談員としてスキルアップ!!

こんにちは。相談支援センターほっぷです。
2月3日、4日に福岡県相談支援従事者専門コース別研修(人材育成)に参加しました。内容としては、ファシリテーション技術を習得し地域における相談の中核を担う人材として資質の向上を図ることを目的に行われました。
ファシリテーションとは「引き出す力」引き出すとは「聴き出す」「書き出す」こと。ファシリテーターの役割とは「進行役」場を作り、人と人とをつなぎ、チームの力を引き出し、思いをまとめること。
演習で「ワールド・カフェ」を経験しました。自分たちのグループで話し合った内容だけではなく、他のグループの意見を知ることでより活発な意見が出て良い情報を得ることができました。
研修を得て習得したことを、相談の場にも活かせるようにしていきます。

 


ピクト事業所一覧

  • カテゴリー